motoーcup Fuji 5時間耐久
2006年 8月13日(日)



夏休み突入の初日にレース参加しちゃいました。\(^^)/

今回は「ビーチサイドグランプリ」様主催のもと、富士スピードウェイショートコースを使ってのレースでした。
ショートコースと言っても、ビックバイクの走行もしちゃうコースなので、とても広くきれいでしたよぉ。
参加のきっかけとなったのは、幅広い情報を持っているS君からのうれしいお誘いでした。
久しぶりの耐久レース、それにレース初参加組やいつもはビックバイクレース中心の人も一緒になって
ワイワイがやがやとほんとに楽しいレースになりました♪

チームくるまやさんからはクラス別に2台のエントリー、それからe’フリークス&くるまやさんとして
5台のエントリーと、とってもにぎやかになりました。
そして、今回のレース参加でがんばってくれたS君を応援するためにも、コターミクラスゼッケン54番は
チームくるまやさんの主役になるはずだったのに・・・・・・!!
予想通りにいかないのがまたレースの楽しさだったりして(^^;

予選順位を決めるのは、10分間のマラソンレースというユニークなもの。
計測器をバトン代わりに持ち、コースを何人で走ってもOKというルール。
参加メンバーはお子ちゃまからヘルメット着用の人、はたまたネコの着ぐるみを着た人と
見ているだけでも楽しい予選でしたよ。
くるまやさんチームはかなりまじめに走り、3番4番と好グリットをゲットしました。(ここまではよかったのに〜)

いよいよスタート、ゼッケン54番のトップを走るのは頼りがい充分のHです。
そしてもう一台、ゼッケン12番は今回初メンバーになる4人組で完走をめざしCが受け持ちになりました。
いっきにゴー!!といくはずだったのに、なんと2台ともエンジンがかからずひたすら押す2人・・・
ようやくかかったのは54番、エンジンがかかればこっちのものとアッという間にCの視界からは消えていく
さようなら〜。
ようやく12番もエンジンがかかり、よーしと思ったとたんにいきなり転倒〜!!(泣)
体制を整えた時にはトップ集団が近づき、「まだこれからなのに、もう周回遅れですかぁ〜。」とヘルメットの中
で一人ブツブツ。とほほほ

ようやく波に乗り始めたかなぁという時、最終コーナーを押しているバイクが・・・あれは、どうみても54番。
まだまだレースは始まったばかりなのに、なんとまぁ、ピストンが焼きついてしまったのです!!
落ち込みそうな気持ちを抑え、ここでへこたれちゃったらみんなが楽しめないと
チームくるまやさん、ボスの突貫修理が始まりました。
交換パーツもない状態だったけど、なんとか走れる状態にし全員がレースに参加することができました。
よかったぁ〜!!!!
修理に時間をとられたり、最後はバイクが走ってくれなくなったりしちゃったけどチームの面々の気持ちの
繋がりは一層強くなったようで、みんな次回のレースの話に盛り上がっていました。
そして、コターミクラスの中ではFastest Lapを出していたのもうれしかったです♪

ところで、まったく期待のかかっていなかったゼッケン12番の方はというと・・・
「うさぎとかめ」の法則とでもいいましょうか、
じみーな走り?いやいやチームワークのよさで、クラスでは7位。
総合順位でも17位、とまったく考えてもいなかった好順位に喜びまくってしまいました。
(レース結果はビーチサイドグランプリ様モトカップ富士5時間耐久エントリーリストにてご覧いただけます。)

今回気づかぬうちに写真をいっぱい撮ってくれていたNも、次回はレースに出そうと密かに
作戦を練っている所です。
コースやレースの模様、そしてチームメンバーなど盛りだくさんで写っていますのでご覧くださいネー♪♪